救急フェスタ

2019年度いのちのリレー大会出場者の募集は終了いたしました

~身につけよう救命処置~

JR西日本あんしん社会財団とJR西日本の主催、日本AED財団との共催により、京都市、大阪市、神戸市の消防局やNPO法人等のご協力のもと、「救急現場に居合わせた時の救命処置」の重要性・知識及び方法を広く普及・啓発することで、ひとりでも多くの方の命を救えるよう、心肺蘇生法やAEDの使用方法等の体験イベントを開催しています。
あわせて、一次救命処置について競技形式で実演していただく「いのちのリレー大会」を開催しており、現在、「第7回いのちのリレー大会」の出場者を募集中です。

体験・イベントコーナー

  • ○AED・心肺蘇生法の体験
    救急隊員や応急手当普及員(※)から説明を受けながら、AED(自動体外式除細動器)の操作方法や心肺蘇生法等を10~15分程度で体験できます。

    ※応急手当普及員とは―
    応急処置技能の研修を受講し、消防機関より認定を受けたもの。
    認定後は、消防機関が定める普通救命講習の講師となることができます。

  • ○JRや消防の制服を着て記念撮影
  • ○ホーム非常ボタンの体験 他
  • 2018年救急フェスタin京都 体験・イベントコーナーの様子

    AED体験コーナー
    AED体験コーナー
    JRこども制服コーナ
    JRこども制服コーナー
    こども防火服コーナー
    こども防火服コーナー
    ホーム非常ボタンコーナー
    ホーム非常ボタンコーナー

第7回いのちのリレー大会

開催日時 2019年10月27日(日) 13:00~16:00
会  場 大阪駅5階時空の広場
競技内容 倒れている人を発見してから救急隊に引き継ぐまでの救命処置を、3人1組のチームで協力して実演していただきます。

第7回いのちのリレー大会プレスリリース(PDF) はこちらをご覧下さい。
募集案内リーフレット(PDF)をダウンロード

第6回いのちのリレー大会の様子

選手宣誓の様
選手宣誓の様子
予選の様子
予選の様子
決勝の様
決勝の様子
決勝の様子
決勝の様子

応募条件

近畿2府4県の小学校・中学校・高等学校・大学に在学中の児童・生徒・学生ならびに一般の方3人1組(1チーム)でご応募ください。

応募方法

参加申込書をダウンロードしていただき下記①~④をご記入のうえ
メール(info@jrw-relief-f.or.jp)またはFAX(06-6375-3229)でお送りください。

  • ①チーム名
  • ②代表者名・電話番号・メールアドレス
  • ③出場者全員の氏名・学校名・学年(一般の方は学校名・学年の記入は不要)
  • ④大会に向けた意気込み

応募締切

2019年9月12日(木)必着

  • ※応募チーム多数の場合は抽選とし、出場可否については後日連絡いたします。
  • ※出場チームには、競技の手順やポイントがわかる説明書をお送りしますので、安心して出場していただけます。なお、事前に練習を希望される場合はご相談ください。

表彰

救命処置の的確さを競っていただき、上位のチームは表彰いたします。

主催等

  • 主催:公益財団法人JR西日本あんしん社会財団 / 西日本旅客鉄道株式会社
  • 共催:一般財団法人日本AED財団
  • 協賛:オムロンヘルスケア株式会社
  • 協力:大阪市消防局 / 大阪市北消防署 / 京都橘大学救急救命研究会/ 大阪ターミナルビル株式会社
  • 後援:大阪府教育委員会 / 大阪市教育委員会

お問合せ先

JR西日本あんしん社会財団(06-6375-3202 ※平日10:00~17:00)

セミナー・イベントに戻る

JR西日本あんしん社会財団について

「安全で安心できる社会づくり」の一端を担いたいとの思いから、事故や災害に遭われた方々などへの心身のケアに関わる活動や、
地域社会における安全構築に関わる活動に対する支援及び安全に関する啓発活動等を行っています。

ページトップへ