活動紹介

公募助成やAED訓練器等助成で当財団が助成を行っている団体の取り組みをご紹介します。

  • 周産期グリーフケアはちどりプロジェクト
    6月15日 厚生労働省主催「出生前検査及び流産死産のグリーフケアに関する自治体説明会」

    流産や死産を経験した女性等への支援について、母子保健法における位置づけや活用可能な国の事業等が整理されたことを受けて、6月15日に厚生労働省による自治体説明会(全国の母子保健課の保健師・助産師等が参加)が開催されました。その中で、「周産期グリーフケアはちどりプロジェクト」が流産や死産を経験した女性等の悲しみの実態や自治体に期待される支援について発表されました。今後、全国規模での医療者向け周産期グリーフケアの啓発活動につながることが期待されます。参考URL:https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_19127.html

    HP https://hachidoriproject.amebaownd.com/
    SNS
  • 被災支援ボランティア団体「おたがいさまプロジェクト」
    4月17日 復興支援ツアー「神戸から真備へVol.27」

    西日本豪雨の被災地である倉敷市真備町への見守り訪問や子ども支援、取材活動が行われました。被災者一人ひとりへ悩みや困りごとを伺う傾聴訪問、簡単な体操等を行うサロン活動や、いつも参加されている女の子への中学校入学祝いのプレゼント贈呈など、心温まる活動が行われました。おたがいさまプロジェクトでは、感染症対策を十分行い、引き続き被災者の心に寄り添うとともに、SNS等で継続した情報発信を行い災害の風化防止に務められています。

    HP https://lampejapan.wixsite.com/otagaisama
    SNS

助成事業に戻る

JR西日本あんしん社会財団について

「安全で安心できる社会づくり」の一端を担いたいとの思いから、事故や災害に遭われた方々などへの心身のケアに関わる活動や、
地域社会における安全構築に関わる活動に対する支援及び安全に関する啓発活動等を行っています。

ページトップへ