「平成28年度 研究助成」一覧

【助成件数計】14件 【助成金額計】2,064万円

助成期間:2016年4月1日~2017年3月31日 (2016年3月時点、研究者名五十音順)

  • 研究テーマ
  • 研究者
  • 実績報告書(PDF)発災時の共創的問題解決に関する研究

    140万円

    大阪女学院大学
    専任講師
    青木 慶

  • 実績報告書(PDF)災害時や災害後を想定した新機構車椅子の提案

    200万円

    大阪産業大学
    工学部 交通機械工学科
    教授 大津山 澄明

  • 実績報告書(PDF)災害時における障がい者の避難環境と福祉用具に関する研究

    200万円

    公立大学法人
    大阪府立大学
    講師 小島 久典

  • 実績報告書(PDF)バイスタンダーによる応急手当推進のための制度論・解釈論の研究

    200万円

    公益財団法人全国市町村研修財団
    全国市町村国際文化研修所
    調査研究部長兼教務部長 小西 敦

  • 実績報告書(PDF)校内放送による防災学習プログラムの開発

    120万円

    関西大学
    社会安全学部
    准教授 近藤 誠司

  • 実績報告書(PDF)脳損傷者の表情認知と表出の特徴から他者との良好な関係づくりに向けた方略を考える

    30万円

    兵庫医療大学
    准教授 佐野 恭子

  • 実績報告書(PDF)防災教育における知的資源としての妖怪伝承の再評価

    110万円

    神戸市立工業高等専門学校
    講師 高田 知紀

  • 実績報告書(PDF)消防団の活性化に関する萌芽的研究

    200万円

    関西大学
    社会安全学部
    准教授 永田 尚三

  • 実績報告書(PDF)スタディーツーリズムの手法を用いた鉄道防災教育プログラムの開発と実証

    198万円

    和歌山大学
    地域連携・生涯学習センター
    講師 西川 一弘

  • 実績報告書(PDF)雪氷災害及び雪氷複合災害への対策について

    149万円

    熊本大学大学院
    減災型社会システム実践研究教育センター
    特任准教授 古本 尚樹

  • 実績報告書(PDF)被災地ブログ等の共同翻訳を活用した災害文化の国際的発信に関する研究

    92万円

    関西学院大学
    災害復興制度研究所
    特任准教授 松田 曜子

  • 実績報告書(PDF)東日本大震災の復旧・復興において「平成の大合併」の自治体再編がもたらした影響の検証―住民による政策評価を通じて

    99万円

    滋賀県立大学
    准教授 丸山 真央

  • 実績報告書(PDF)言語音がわかりにくい高次脳機能障がい者に適した放送音声の工夫

    141万円

    兵庫県立大学
    自然・環境科学研究所
    准教授 三谷 雅純

  • 実績報告書(PDF)被災経験からの受援力向上のための実践的研究:「被災地のリレー」への「準備運動」の視点から

    185万円

    立命館大学
    准教授 山口 洋典

事業実績一覧に戻る

JR西日本あんしん社会財団について

「安全で安心できる社会づくり」の一端を担いたいとの思いから、事故や災害に遭われた方々などへの心身のケアに関わる活動や、
地域社会における安全構築に関わる活動に対する支援及び安全に関する啓発活動等を行っています。

  • 広報誌【Rekuef】
  • ブログ【こ・こ・ろ】

ページトップへ