2012年度 いのちのセミナー実施概要2015年度 いのちのセミナー実施概要

当財団設立以来、悲嘆やグリーフケアに関わる事業に取り組んでおりますが、このたび、自らを見つめ考える機会を広く提供したいとの思いから、2015年11月23日(月・祝)大阪市内で「いのちのセミナー」を開催しました。

上智大学 名誉教授 アルフォンス・デーケン先生をお迎えし、「いのち輝かせて ~よく生き よく笑い よき死と出会う~」のテーマでご講演をいただきました。

上智大学で30年間「死の哲学」をテーマに教鞭をとられていたデーケン先生。その当時の日本では、「死」というもがタブー視され、「死」の講座を提供した時、周囲から「やめた方が・・・。学生は誰も受講しない。」と反対されたそうです。先生は、周りに反対される中「We can」と言って開催され、多くの学生が毎年学ぶこととなりました。先生は、「幸せとは何か」「人生における喪失体験と人格成長」という2つのキーワードを中心にご自身の経験を交えてユーモラスにお話くださいました。参加者のみなさんの笑顔が印象的でした。

講演概要はコチラから

当日の様子

アルフォンス・デーケン先生
アルフォンス・デーケン先生

会場の様子
会場の様子

PHOTO

事業実績一覧に戻る

JR西日本あんしん社会財団について

「安全で安心できる社会づくり」の一端を担いたいとの思いから、事故や災害に遭われた方々などへの心身のケアに関わる活動や、
地域社会における安全構築に関わる活動に対する支援及び安全に関する啓発活動等を行っています。

  • 広報誌【Rekuef】
  • ブログ【こ・こ・ろ】

ページトップへ