2013年度 安全セミナー実施概要2013年度 安全セミナー実施概要

2013年度も、安全対策の分野で人的要因に焦点をあてたアプローチである「ヒューマンファクター」が注目を集めていることから、昨年度に引き続き、「ヒューマンファクター」をテーマに絞り、人間の特性を心理学や人間工学等の視点から深く掘り下げて考える機会を広く安全に関わる方々に提供することを目的とし、「安全セミナー」を開催しました。

  • 1.テーマ  「ヒューマンファクター」
  • 2.日 時  平成25年9月2日(月) 13:30~16:30頃
  • 3.会 場  あましんアルカイックホール・オクト
  • 4.講演
  • 「交通心理学と事故防止」
  • 蓮花 一己(れんげ かずみ)  帝塚山大学心理学部教授
  • 「居眠り事故防止と安全管理」
  • 林  光緒(はやし みつお)  広島大学大学院総合科学研究科人間科学部門教授

【参考:アンケート】

  • ・特に眠気については生体リズムや仮眠についての効果がとても勉強になった
  • ・一般的に知り得ないデータから実践での結果が提案され、わかりやすかった
  • ・多方面から安全につながる講義が聞けて良かった
  • ・具体的な事例から詳しく解説があり、理解が深まった
  • ・眠気や瞬眠のことなど、気にはなっているがよく分っていないことであった。今後も色んなことを教えてもらえるようなセミナーが多くあれば良い。

講演録(一部)は〔PDF〕をご覧ください。

当日の様子

蓮花 講師
蓮花 講師

林 講師
林 講師

会場の様子
会場の様子

PHOTO

事業実績一覧に戻る

JR西日本あんしん社会財団について

「安全で安心できる社会づくり」の一端を担いたいとの思いから、事故や災害に遭われた方々などへの心身のケアに関わる活動や、
地域社会における安全構築に関わる活動に対する支援及び安全に関する啓発活動等を行っています。

  • 広報誌【Rekuef】
  • ブログ【こ・こ・ろ】

ページトップへ