2012年度 救急フェア実施概要2012年度 救急フェア実施概要

当財団とJR西日本の共催で、駅等をご利用される方々に、救急現場に居合わせた時の救命処置の重要性を普及啓発するため、「救急フェア~身につけよう救命処置~」を開催しました。消防やNPOなど地域で活動する方々、応急手当普及員の資格を持つJR西日本社員の指導のもと、多くの方々にAEDの取扱いや心肺蘇生法を体験していただきました。また、JR西日本のキャラクター着ぐるみやミニ制服の試着コーナーにも、お子様連れに多数参加していただきました。
今後も、各地で「救急フェア」を開催していきたいと思います。

【実施概要】

○参加者数:のべ約4,400名

  • ・救急コーナー体験者の約7割の方が初めて一次救命処置を経験されました。

○体験された方からいただいたお声

  • ・子どもでも分かりやすい内容だったので一緒に参加できて良かった。
  • ・便利な場所で気軽に参加できた。
  • ・JR運転士さんに親切に教えていただき、とても分かりやすかった。
  • ・AEDに触れたことがなかったので良い機会だった。

○実施箇所(JR12駅)及びご協力いただいた関係機関

5/19
三田駅
三田市、三田市消防本部、三田市消防団、三田市防火安全協会、NPO法人場とつながりの研究センター
5/26
京都駅
京都市下京消防署、京都駅ビル開発株式会社
6/2
三ノ宮駅
神戸市中央消防署、株式会社ジェイアール西日本総合ビルサービス
6/16
和歌山駅
和歌山市消防局、株式会社和歌山ステーションビルディング(和歌山ミオ)
9/8
宝塚駅
宝塚市消防本部、宝塚市西消防署、宝塚防火協会
9/9
天王寺駅
大阪市消防局、大阪市天王寺消防署、天王寺SC開発株式会社(天王寺ミオ)
9/9
長浜駅
長浜市、湖北地域消防本部
9/17
奈良駅
奈良市消防局、奈良市消防団
10/6
高槻駅
高槻市、高槻市消防本部、高槻市医師会、NPO法人高槻ライフサポート協会、京都橘大学救急救命研究会、高槻商工会議所、アクトアモーレ管理組合、アクトアモーレ店舗会、芥川連合自治会、芥川商店街事業協同組合
10/20
伊丹駅
伊丹市消防局、伊丹市教育委員会、アリオいたみ自治会、サン伊丹自治会、中殿東自治会、湊自治会
10/27
大阪駅
大阪市消防局、大阪市北消防署、NPO法人大阪ライフサポート協会、大阪ターミナルビル株式会社
11/18
尼崎駅
尼崎市、尼崎市消防局、尼崎市東消防署、潮江社会福祉連絡協議会、株式会社ジェイアール西日本総合ビルサービス

当日の様子

AEDの取扱いを指導する京都橘大学救急救命研究会の学生(高槻)
AEDの取扱いを指導する京都橘大学救急救命研究会の学生(高槻)

なっぴー君が倒れた!救命デモンストレーション(奈良)
なっぴー君が倒れた!救命デモンストレーション(奈良)

大阪ライフサポート協会のPUSHコース講習会(大阪)
大阪ライフサポート協会のPUSHコース講習会(大阪)

救急隊員もいっしょに救命処置を指導(三田)
救急隊員もいっしょに救命処置を指導(三田)

ホーム非常ボタンの操作案内(京都)
ホーム非常ボタンの操作案内(京都)

小学生に心肺蘇生法を指導(尼崎)
小学生に心肺蘇生法を指導(尼崎)

事業実績一覧に戻る

JR西日本あんしん社会財団について

「安全で安心できる社会づくり」の一端を担いたいとの思いから、事故や災害に遭われた方々などへの心身のケアに関わる活動や、
地域社会における安全構築に関わる活動に対する支援及び安全に関する啓発活動等を行っています。

  • 広報誌【Rekuef】
  • ブログ【こ・こ・ろ】

ページトップへ