連続講座「『いのち』を考える」実施概要連続講座「『いのち』を考える」実施概要

2012年度から新たに関西国際大学尼崎キャンパスで10週連続にわたる「連続講座『いのち』を考える」を開催しました。
死や悲嘆、グリーフケアはもとより、多様な観点から「いのち」に焦点を当て、参加者の皆さんと共に考えることを目的に、医療や福祉をはじめ、さまざまな分野で活躍されている方々にご講演いただきました。
参加された方から「自分の世界が広がる素晴らしい体験でした」「生きることの尊さを改めて感じた」などの感想をいただいた第1回、第2回の講座の様子をご紹介します。

【第1回連続講座】

●講座を受講して

死にざまこそ人生~「ありがとう」と言って逝くための10のヒント
(2012年5月9日 柏木哲夫先生)

「人は生きてきたように死んでいく。『生』の延長線上に『死』があるのではなく、日々『死』を背負って生きている」・・・柏木先生はホスピスの現場で約2,500名の患者を看取られた経験を通し、そう実感されたとのことです。仕事優先で家族を省みず生きてきた男性患者が、二人の娘が一切見舞いに来ないことで…(続きを読む)

※第1回連続講座の講師一覧はこちらです。

【第2回連続講座~生きることの意味をさがす~】

●講座を受講して

「物語を生きる人間」とケアの意味
(2012年10月3日 柳田邦男先生)

講演の中で柳田先生は、「人はなぜ、自分の思いを表現しようとするのか。それは、大きな喪失や何か大きな壁にぶつかった時にどうやって『生き直すか』と関わる。」と話されました。人が「書く」理由は、「人は『うつ』の時でも、なんとか生きようとしている。生きる道が…(続きを読む)

※第2回連続講座の講師一覧はこちらです。

当日の様子

会場の様子
会場の様子

講演される柏木先生
講演される柏木先生

講演される柳田先生
講演される柳田先生

PHOTO

事業実績一覧に戻る

JR西日本あんしん社会財団について

「安全で安心できる社会づくり」の一端を担いたいとの思いから、事故や災害に遭われた方々などへの心身のケアに関わる活動や、
地域社会における安全構築に関わる活動に対する支援及び安全に関する啓発活動等を行っています。

  • 広報誌【Rekuef】
  • ブログ【こ・こ・ろ】

ページトップへ