2010年度 救急フェア実施概要

事故、災害時の一般市民の方々による初期対応、初期救護(ファーストエイド)の重要性を啓発するため、2010年10月30日(土)、尼崎市消防局のご協力のもと、当財団とJR西日本の共催で「救急フェア~気軽に体験、緊急対応。~」を実施しました。
フェアでは、会場のJR尼崎駅北側広場に駅や踏切の非常ボタンの操作体験コーナーや救急資機材を展示するコーナーを設置したほか、実技体験コーナーでは、応急手当普及員の資格を持つJR西日本の社員がAEDの使用や心肺蘇生法の実技指導を行いました。 当日は台風の影響ですっきりとしない空模様でしたが、応急手当に関する関心の高まりを反映してか、各コーナー合計で延べ500名を超える方々にご参加いただきました。特に心肺蘇生法の実技体験コーナーでは、家族連れを中心に順番待ちができるほどの盛況ぶりでした。
今後も同様のイベントを継続的に開催し、市民の方々と直接触れ合いながら、「安全で安心できる社会づくり」のお手伝いをしていきたいと考えています。

当日の様子

当日の様子
当日の様子

心肺蘇生法の実技体験
心肺蘇生法の実技体験

尼崎市消防局のご協力をいただきました
尼崎市消防局のご協力をいただきました

非常ボタンの操作体験
非常ボタンの操作体験

PHOTO

事業実績一覧に戻る

JR西日本あんしん社会財団について

「安全で安心できる社会づくり」の一端を担いたいとの思いから、事故や災害に遭われた方々などへの心身のケアに関わる活動や、
地域社会における安全構築に関わる活動に対する支援及び安全に関する啓発活動等を行っています。

  • 広報誌【Rekuef】
  • ブログ【こ・こ・ろ】

ページトップへ