暑い~

20130708103508

7月1日にビル内でオフィスの引越し(1F→13F)をしたものの、良くなった眺めと裏腹に空調の効きが悪く、皆さん「あつ~」ってつぶやきながら熱く仕事をしてます(笑)

毎日ムシムシすっきりしない日が続いてますが、梅雨が明ければ、こんなモコモコ入道雲の真夏の風景に変わるはずです。

さて・・・
明日7月6日は姫路駅で救急フェアがあります!!
時間は10:00~12:30です。

姫路と言えば・・・
姫路城や今年4月開業の新駅ビルショッピングセンター 「ピオレ姫路」 もありますので、観光やお買い物ついでにお立ち寄り下さいね!

わたくしは姫路に来ればいつも駅そばを食べてしまいます(^^;

もこ  (明日は姫路駅に行きます!!)

「いのちのセミナー」に多くの人が来てくれました。

 3月16日(土) 神戸新聞松方ホールで開催された「いのちのセミナー」に500名以上の人が来たんだ。
burogu2

 え、そんなに多くの人が来たの。驚いた。どんな話だったの?

 会場で話を聞いた人でないと笹原さんの思いが十分伝えられないけど・・・・。
震災から1ヶ月以上経ったある安置所で『残された4人の子ども達にお母さんの手を握らせてお別れをさせたい。』と
声を掛けて来た男性の話から始まり・・・。
笹原さんは、人間の限界は、自分自身で決めてしまうものだと・・・。
そして、人はいつ死を迎えるかわからない。だから今日何をすべきか、考えて行動しないと・・・。
人生を生きていく上で大切な事を教えてくれたよ。
burogu1

 僕も笹原さんの話、聞きたかったなあ~。 『1日1日、一つ一つのことをどれだけ自分が心をこめられて出来たか。』が大事だね。

 それ誰か有名な人が言った言葉じゃない? うさぎさん、たまにはいいこというね。

 いやいや、いつもだよ。

 はぁ~。

 でも、死んだらどこに行くんだろうなあ?

 そうだね。どこに行くんだろう・・・。
笹原さんは、亡くなった人に会いたくなったら手紙を書いて川に流すそうだよ。

 ふ~ん。 僕もお父さんお母さんに手紙を書いてみようかな。夢で会えるかも・・・。

 亡くなった人を思って手紙を書くとその人の思い出がよみがえってその人の温もりが感じられるようになるんだって・・・。
そうだ、神戸市立須佐野中学校の生徒が1月17日の授業で笹原さんの著書を題材にして「いのち」について勉強したそうだよ。
その時、全校生徒が書いた感想文の一部を笹原さんに渡しに来たんだ。先生もとても生徒さんに会えるのを楽しみにしていたそうだよ。
生徒さんたちは、まさか岩手県に住んでいる笹原さんにこの神戸で会えるなんて思ってもいなかったんだって。みんなとても喜んでたよ。
burogu3

DSC_01841

 なにか不思議な「縁」だね。

 そうだね。 僕もこれからず~っと、人との出会いを大切にしていこうと思う。うさぎさんもね。

 うん。

追伸:クイズをこの前出していたけど・・・。皆さん答えは解ったかなあ?

【答え】
窓の向こうの倉庫の屋根や壁で作業をしている人・・・あれ?動かないけど???
※正解は、人形でした。
DSC00242 2

by 梅ぼし殿下

「いのちのセミナー」募集開始!!

 阪神淡路大震災からもう18年も経つんだね。その時、僕は、布団の中で寝ていたんだけど、床から聞こえてきた”ゴー”という「地なり」の音で目が覚めたんだ。すると急に「プリン」の上にいるような感じになって、部屋がぐるぐる回転するような感じで動き出したんだ。びっくりしたよ。生まれて初めての体験だった。地面があんな簡単に動くとは、信じられなかった。

 僕も地面が割れてしまうんじゃないかと思った。二度とあんな目に会いたくないよ。

 ところで、東日本大震災の被害もすごかったね。
もう2年が経つんだね。みんなまだ家に帰れてない・・・。
住み慣れた家が一番安らぐのに・・・。
記憶は残るけど、時が経つにつれ、記憶がだんだん遠くに行くような感じ・・・。決して忘れてはいけない事なのに・・・。

 関西で、また大きな地震があって、もし、川の堤防にひびが入ったり、壊れたりしたら・・・。街中水浸しになっちゃうよ。
日頃から、いつでも避難する場所がどこなのか知っておく必要があるね。

 そうだね。僕もすぐ調べておくことにするよ。
ところで、その震災のあった神戸で「すごい人」の話が聴けるセミナーがあるらしいよ。

 え。どんな話が聞けるの。

 東日本大震災では津波で多くの人が流されたけど、その傷ついた人の面影を復元し、生前の姿に戻して、家族がいっしょにお見送りが出来るように、ボランティアで活動された方のお話だよ。ぜひ、聴いて欲しいんだ。

「生きる」ということの意味・大切さがわかるかも知れないよ!
 『おもかげ復元師』(ポプラ社)  という本も書いているんだ。
ぼくも読んだけど。。。 涙があふれて本が読めくなった・・・。

 そんなにすごい先生なの [:太陽:] ・・・。  ふぅ~ん。どこであるの。

 神戸新聞松方ホールというところなんだけど、ロビーから海が見えてとても景色がいいところなんだ。
ホール全体が海と船をモチーフに設計されたそうだよ。
景色を眺めるだけでも「こころ」が落ち着く・・・。

 なんか行きたくなってきたなあ。

 いいこっちゃ。もう一つおもしろいことを教えてあげる。

 なに。なに。なに。 何か変な方言使ってない?

 ん。 気にせんでいいっちゃ・・・。

松方ホールのロビーから見える景色で不思議なところがあるだ。じっくり眺めないとだめだけどね 

 何が見えるの。教えてよ。

 会場に行ってからのお楽しみ・・・。じっくり見ないとだめだよ・・・ これがヒント。

 うん・・・。ますます行きたくなってきた。

 3月16日(土)神戸新聞松方ホールに、ぜひ来てね。
でも、定員があるんで事前に申込みが必要なんだ。
忘れないでね。 2月28日(木)まで だから・・・。

詳しくは、ホームページ(http://www.jrw-relief-f.or.jp/inochi_semi.html)を見てね。

お申込みフォームはコチラ

ハガキの場合は、必着だから早めに送ってね。皆が来るのを待ってるよ。

 ねずみさんやブタさんも誘ってつれていくよ。どんな先生なのか楽しみだなあ~。

by 梅ぼし殿下

尼崎で「安全セミナー」が開催されるそうだよ。

  尼崎で「安全セミナー」があるんだ。
テーマは「ヒューマンファクター」から考える安全

  「安全セミナー」・・・・。それってなに・・・

  事故や災害等を防止したり、起こった時の対処方法など
様々な方向から研究している先生の話が聞けるんだ。

今回は、「人」が「人」をまもる安全について、
小松原 明哲(こまつばら あきのり)先生と
山浦 一保(やまうら かずほ)先生の講演があるそうだよ。

  なんかチョット興味がわく話じゃない。申込みしなくっちゃ・・・

  申込みは、JR西日本あんしん社会財団ホームページからがとっても便利。インターネットができなくてもハガキでも申込みができるよ。

  ぼくは、WEBで申込むよ。

  8月27日(月) 13時30分~16時30分
阪神尼崎駅から徒歩5分  あましんアルカイックホール・オクト だよ。
申込み待ってるよ

by梅ぼし殿下