Relief vol.19を発刊しました

4月もあとわずか。もうすぐGWですね
昨年のGWは、東日本大震災の被災地で活動されている方々の活動を取材しに、岩手県宮古市~福島県福島市を2泊3日で巡っていました。
東海道新幹線~東北新幹線~山田線、乗り継ぎ時間を含めて約10時間かけて宮古まで。初めて被災地を目の当たりにして、残る津波の爪あと、まだまだ復興の終わりが見えない光景に胸がぐっと詰まったことを覚えています。
そして宮古の海の美しさ&その海の幸の美味しさと、ご店主夫婦のあたたかさにほっこり
(福島は駅周辺での滞在だったのが残念ですが、しっかり地産地消してきました!地元食材、非常に美味しかったです
あれから早くも1年・・・日が経つのは本当に早いです。毎年この時期に被災地へ行ったことを思い出すだろうなあ・・・。
本当に貴重な経験をさせてもらいました。行くのは少し大変ですが、また絶対(仕事抜きで)行きたいです!

さて、前置きが長くなりましたが、少し前に財団の広報誌『Relief vol.19』を発刊いたしました!
今回は掲載したい内容がいつもの8ページに収まりきらず、12ページという初の試みで刊行ですreliefvol19

広報誌はJR大阪駅、尼崎駅、伊丹駅、川西池田駅、宝塚駅、三田駅、三ノ宮駅、神戸駅、京都駅にある財団の掲示板に置いてあります。
近くに無いよ~!という方は、財団のホームページからご覧いただけます。

GWが明けたらすぐに、次号vol.20に向けて始動です!
みなさま素敵な連休をお過ごしください

まー

お知らせ
5/2~5/6は休業となります。
お問い合わせ等は5/7以降のご返信となりますので、ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>